Katate Masatsuka (方手雅塚)

Katate Masatsuka speaks.

Archive for the ‘Research’ Category

私が数値流体力学の研究に興味を持ったきっかけ(拒否されたレポート)

leave a comment »

実ははっきりと思いだせない。
大学在学中にはすでに数値流体力学の分野で研究がしたいと思っていたのは覚えている。
日本の大学院に入学した時に、なぜ数値流体力学の授業が無いのか教授に質問したことがある。
米国へ留学したときは迷うことなく数値流体力学の研究を目指した。

最近になって、大学時代の宿題のレポートを見つけ昔の記憶が蘇った。

それは大学3年目の数値流体力学のクラスでの宿題で、ラプラス方程式をヤコビ反復法で
解くという基礎的なものだった。プログラミングが苦手だった私は疑問を抱いた:
「数値流体力学は本当にコンピューターで解かなければならないのか?」
そして内部点4点の簡単な格子を設定し、4つの未知数を持つ連立方程式を導き出し、手で解いた。
問題は精度だ。さっそく厳密解と比較して誤差を計算したところ、なんとそれはたったの5%だった。
これは驚くべき精度だ。私は興奮してそれをレポートにまとめ、教授のところに持っていった。
だが呆れられてしまい「いいからプログラムを書きなさい」と言われ、レポートを受け取ってもらえなかった。
他の宿題はもう無いが、そのレポートだけは大事に保管していたようだ。

思い返してみれば、言われたことだけをやる通常の宿題と異なり、自分で考えたアイデアを、
自分で調査し、驚くべき結果を得て、それをレポートにまとめたという意味で、
バカバカしいレポートかもしれないが、それは若い私にとってはとても新鮮な経験だったのだと思う。
そして、この分野で何か独自のアイデアで貢献できる気がしたのかもしれない。

そのことを思い出した今、幸いなことに私は数値流体力学の研究者をやっている。
ぜひとも若かった西川君の情熱と志を受け継ぎ、独自のアイデアで貢献してやりたいと思う。

Advertisements

Written by Katate Masatsuka

November 3, 2018 at 3:15 pm

Posted in General, History, Research

無名な研究者

leave a comment »

どの分野でも有名な研究者とそうでない研究者がいる。
有名な研究者(あるいは有名な機関に属する研究者)は
他の研究者の注目を集め、その言葉に人は耳を傾ける。
逆に、そうでない研究者には注目が集まらず、
また、その言葉はすぐには信用されない。

無名な研究者は憤りを感じるだろう。
誰も自分の論文を引用してくれない、
誰も自分のことを知らない、
誰も自分の意見を聞いてくれない。

どうすればいいか?
有名機関に入るか、有名な研究者の下で働くか、
有名な研究者と共著で論文を出させてもらうか、
流行の研究トピックに取り組むか、
SNSなどを利用して宣伝に力を注ぐか、
研究コミュニティへの貢献で自分の存在感を高めるか。

それでうまくいくなら構わない。
が、答えは一つしかないと私は思っている。
真に独特なアイデアを論文にして発表することだ。
少なくとも、私は常にそれを目指して研究に取り組んでいる。

Written by Katate Masatsuka

February 25, 2017 at 11:13 pm

Posted in General, Research

共同研究とは

leave a comment »

共同研究、あるいはコラボレーションと呼んでもいい。
それは単に力を合わせて研究することではない。

双方が独自のアイデアとそのノウハウを持っており、
それらを組み合わせることで新しく価値あるものを創造できる
可能性があり、双方がその可能性に共感できるとき、
共同研究が成立するのだと、私は考えている。

一方がアイデアとノウハウを持っていて他方を指導するのは
教授と学生のような関係であり、それは共同研究ではない。
私はそう思っている。

Written by Katate Masatsuka

July 13, 2016 at 4:34 am

Posted in General, Research

私の研究は世の為に役立つのか

leave a comment »

今私が心血を注いでいる研究は私自身が生み出した。
ゆえに、その発展には私自身が責任を持たなければならない。

その研究は世の為に役立つのか。
もちろん役立つ。
しかし、世のため人のためというところに焦点を当てない。
人の思いは揺れる故、世のため人のためにという考えも揺れる。
私のような人間にはなかなか難しいことだ。
世間には、世に貢献しながら、しかし「ただ好きなことをしてるだけ」という人もいる。
率直に素晴らしいと思う。だが私には似合わない。

そう、私はただ私の人生を力の限り駆け抜けるだけだ。
結果として私のしたことが世のため人のためになる。
最終的に役立つことになればそれでいい。
そして、その方が私らしいと思っている。

Written by Katate Masatsuka

October 11, 2012 at 6:19 pm

Posted in Research

8月1日、独自の研究が正式なプロジェクトとして始まった。

leave a comment »

今年3月、お先真っ暗だった頃に行ったセミナーのプレゼンテーションファイル。

http://www.hiroakinishikawa.com/sandwitch_seminar_HiroNishikawa_031412.pdf

この5年間、時間外で独自に押し進めてきたこのアイデアで、私は生き残った。
8月1日、その研究は資金を得て正式なプロジェクトとなった。素晴らしい。
しかし駆け抜ける青春は止まる事を知らない。
私はまた新たな時間外活動を開始するだろう。

Written by Katate Masatsuka

August 4, 2012 at 10:49 am

Posted in Research

「君のこれからの成功は研究費をどれだけ獲得できるかにかかっている」

leave a comment »

「君のこれからの成功は研究費をどれだけ獲得できるかにかかっている」

 違う。
 たとえ研究費を獲得できなくても、たとえ職を失おうと、その分野の発展に途轍もない
 インパクトを与えるアイデアを生み出すことが出来れば、それが成功だ。
 研究費をいくら獲得しても、歴史にその名を刻むことはできない。

Written by Katate Masatsuka

April 3, 2012 at 9:17 pm

Posted in Research

やらなくてもいいことをやれるかどうか

leave a comment »

プロ野球選手になりたいというのでもいい、
多くの人よりも大きく一歩前へ出たいと思うとき、
果たして自分に出来るのだろうかと疑問に思うことがある。

はっきり言って、絶対に出来ないという理由は存在しない。
ただ、ほとんどの場合、努力することが必要になる。
そして、その努力は人並み外れたものでなければならない。

例えば、通常の練習のみでは、他の多くの者と同じような所までしか行けない。
その先へ行きたいのなら、弱点を克服し、より高いレベルへ進むために、否、
それが実現できるまで独自に練習を重ねることだ。
研究であれば、要求される結果を出して満足せず、常にその先を考え模索を続けることだ。
宿題であれば、よりハイレベルな宿題を自ら作成して解くといった努力を続けるのもいい。
これら人並み以上の努力というのは、実際多くの偉大な人間から学ぶことができる。

考えてみれば、そのような独自の努力というのは、元々やらなくてもよいものだ。
普通、人はやらなくてよいことはやらないので、多くの人は普通ということになる。
普通以上の人間になりたいのであれば、やらなくてもよい努力を重ねなければならない。
人並み外れた努力に才能はいらない。やるか、やらないか、それだけである。
ただ、重い腰を上げるためには、何か情熱とでもいえるようなものが必要かもしれない。

「僕、プロになれると思う?」と子供が聞いた。
「なれる。普通の人以上の努力をすれば必ずなれる」と私は答えた。

Written by Katate Masatsuka

March 4, 2012 at 8:47 am

Posted in Education, General, Research

%d bloggers like this: