Katate Masatsuka (方手雅塚)

Katate Masatsuka speaks.

Archive for the ‘About Author’ Category

おっさんが語る、高校時代:思い起こせば80年代後半。 あの頃の わしはホッチキスやった。

leave a comment »

平成20年12月3日のインタビューより

おっさん: 思い起こせば80年代後半。 あの頃の わしはホッチキスやった。わしがパッとくわえて一噛みすれば、 文集でも何でも一発で完成や。しかし、やっぱり人間 の生徒と友達になるのは正直難しかった。なんせ、噛めばカチッと綴じてしまうもんやさかい、みんな怖がってしまうんや。「何の話してんの!」とか言うて顔近づけたら、みんな必死にのけぞってしまうんや。おまけに「あいつとキスしたら、口をホッチキスで留められてしまうで!」などと噂され る始末。 結局、人間のギャルフレンドなんか出来たことがなかったわ。 

西川氏: (よく真顔で話せるなあ) へえ、暗い高校時代だったんですね。

おっさん: まあ、基本的には暗かったな。先生に「絶対落ちる」と言われながら奇跡的に合格した高 校やったからか、一年の学力試験でいきなり偏差値20や。いろんな人間の人に「そんな 偏差値、人間じゃ有り得へんで、はははは!」などと笑わ れたもんや。さらに、二年のときには国語がボロボロで、先生に呼び出されて「おいホッ チキス。 お前、新聞読んでるか?」「は、はい」「ふん、どうせテレビ欄やろ」てな 具合に鼻で笑われた。 古文でも「ホッチキス君。 次の試験で70点以上取らないと 単位をやれないからね。 少なくとも人間の生徒で単位を落とすような生徒は前例が無い わよ」と言われて、あまりの悔しさに枕を ホッチキスで留めまくったこともあった。 とにかく試験といえば10点、20点 が当たり前で、挙句の果てには 「 だいたい何でホッチキスが高校に来るねん? 文房具屋へ帰 れ! 」 などと怒鳴られる始末や。 一方、部活動では、 初のホッチキス部員ということでの特別待遇だったのか、1年生の分際でいきなり上級生と一緒 に練習させてもらったりして。 しかし、それが逆にモチベーションを低下させ、結局1年生の夏 休み前にやめてしもた。

西川氏: (何でも途中で辞める悪 いクセは、もうすでにこのときからあったんやな)

おっさん: わしは悔しかった。 確かにわしはホッチキスや。しかし、それでも一生懸命生きてきたんや。 「誰かホッチキス持ってない?」と誰 かが言えば、「ホッチキスは持ってないけど、俺はホッチキスやで」とか言うて、笑いを取りながら皆の役に立ってきた。 このまま高校生活が終わってしもたら、わしはただの便利なホッチキスで終わってしまう。そんなんやったら、文房具屋を飛び 出してわざわざ高校に 入学した意味が無い。よーし、こうなったら俺は俺、否、ホッチキスはホッ チキスや!人間の常識にとらわれずに、自由に思うままにかましてやる! わしはそう 決心したんや。

西川氏: (同じ土俵で勝負しないってことか?)

おっさん:  試験なんか関係あるけ!ってなもんで、数学では独自の公式を導くのに熱中した。 国語の授業でのスピーチでは 「人間というのは誰かを差別することによって仲 間意識を高める性質を持っている。ゆえにイジメは無くならない。だいたい、教師の間でもイジメがあるのに、生徒間のイジメが無くなるはずがないではないか!」などと、先生の前で堂々と熱弁かました。 英語の試験では、わざわざ教科書に載っていない 単語やイディオムで英作文をし、それをバツにした先生に「意味は合ってまんがな! なんでバツやねん!」と詰め寄り「おい、ホッチキスよ。 頼むから俺が教えた 単語を使ってくれ」と懇願された。 サッカー部をやめても、密かに他校のゴルフ部に 潜り込み、関西ジュニア選手権にエントリーして豪快に予選落ちした。そうやって、わしはとにかく猛進した。そして、いつの日か、「宇宙は無限だと? 笑わせんな、アホ! いつかきっと宇宙の端っこを見つけて、この口でバチコーンと綴じてやる!」と、これまた人間の常識を超えた大きな夢を抱くようになっていたんや。そうして、3年生の2学期に大学進学を決意、 本格的に人間の受験勉強を始め、何とかギリギリ的に航空宇宙学科に合格。 史上初のホッチキス大学生としてデビューすることとなったんや!

Advertisements

Written by Katate Masatsuka

January 17, 2018 at 7:20 pm

おっさんが語る、1994年の渡米秘話:思いおこせば 90年代初頭。 あの頃のわしはまだダンゴムシやった。

leave a comment »

平成19年9月23日のインタビューより

おっさん: そうやなあ、思いおこせば 90年代初頭。 あの頃のわしはまだダンゴムシやった。 もちろん大学には通ってた。しかし、しょせんはダンゴムシや。 いくら勉強しても将来仕事が見つかる保証はない。なんせ、誰かが近づいてきたら反射的に体が丸まってしまうんやからな。「これはダンゴムシの習性 だからしょうがないんだ! 俺にもどうしようもないんだ!」と、いくら説明しても 理解してもらえない。「そうやっていつまでも丸まってろ!」だとか、「丸いのはお前だけじゃないんだぞ!」などと言われて、軽くつままれて放り投げられ てしまうんや。でも俺は頑張った。 優秀な成績を修めれば、みんなきっと分かってくれ ると思ったんや。そして努力の甲斐あって、1994年の春にはもう学科でトップになってた。そらあ、みんなびっくりしてたで。「やるじゃん、あのダンゴムシ!」「ダンゴムシ君、素敵ぃー!」とかいって、その頃から人間の友達も増えてきたんや。

西川氏: (真実も交じってるような気もする が、わけわからんわ)

おっさん: そして1993年の春、あるゴリラの教授のゼミに所属することになったんや。このゴリラの教授との出会いが、わしのその後に大きく影響を及ぼした。このゴリラの教授は昔アメリカの大学で教えていた人で、いつか自分の学生を米国の大学院に送り出したいと思っ てたんや。それで、講義も洋書のテキストを使って、アメリカの大学院レベルの内容を、アメリカ的に毎週宿題をバンバン出しながら教えてたんや。でも、そんなことしたら、バブル時代の学生は誰もそんなしんどい講義は取らない。しかも、先生はゴリラや から、胸をバンバン叩いて怖いし、誰も寄り付かんかった。そんな中、その講義を聴いていた極少数派の中にわしが居たんや。 実はわしは アメリカへ大学院進学しようと考えていろいろ準備もしてたし、人間の学生も逃げ出すような厳しい講義が楽しくてたまらんかった。そうして、わしはコロコロと鍛えられていくことになるんや。それから数ヶ月も経てば、「おい、ダンゴムシ!ノート貸してくれよ!」「ボクの講義ノートは全て英語で書いてるんだけど、それでもいいかい?」「ヒ、ヒぇ~!」ってなもんで 周りにはもうわしをバカにする人間の学生はいなくなった。

西川氏:  (好き放題言うとるなあ。アホやなあ)

おっさん: そして大学4年目の夏。アメリカ の大学院進学に向けてTOEFLやGREの勉強に精を出していたある日、ゴリラの教授が 言うたんや。「ダンゴムシ君。東大の大学院を受けてみないか? 君なら合格するから。そしたら、アメリカの大学院にもいい推薦状が書けるよ」 わしは躊躇したけども、東大観光も悪くないと思ってコロコロと受験しに行ったんや。すると、なぜなのかわからんが合格。さあ、えらいこっちゃ。親は「東大行っときなさいな。アメリカはもうええやんか」、他の人間の人達も「なんで東大行かないの? ダンゴムシ君の考えることは分かんないあ」、挙句の果てにはゴリラの教授までも「東大は気持ち良いんだよねえ。本当にまだアメリカ に行きたいのかい?」ときたもんや。

西川氏:  (で、東大って何の略や?)

おっさん: さあ、ここからが問題や。東大に入学するか否か。一つは、アメリカの大学院は翌年の9月開始で、日本の大学院は4月開 始からやから、4月から9月まで時間がある。しかも、アメリカの大学院の合否が出るのは5月頃やから、4月の時点では本当に渡米できるかどうか分からない。さらに、ある別のゴリラの教授に、胸をドンドンしながら「ダンゴムシ君、取りあえず4月から東大に入学しなさい。でないと推薦状は書けないよ!」と言われたということもあった。とにかくその他モロモロで、ベロベロのビロビロに なってしまい、複雑怪奇現象な心境のまま、結局東大大学院に入学することになったんや。

西川氏: (どこまでがほんまやねん?)

おっさん: かくして1994年の4月から東大航空学科に入った。で、それはもーう楽しかったがなー。研究室パーティーのスイカ早食い競争で皮まで食べて 優勝、航空学科のサッカーリーグ(Kリーグ)でビッグマウス・ダンゴムシと呼ばれて大活躍、研究室旅行で富士山に登って クルクルパー。さらに、研究室の集合写真に合成を施して教授を笑わせて、それはそれ はほんまに楽しかったがな。この頃はもうすっかり自分がダンゴムシであることも忘れていたほ どや。

西川氏:  (忘れられるのか?)

おっさん: さあ、そんなハッピーな日々が苦 悩の日々に変わったのは、ミシガン大学から合格通知が来たときや。これでアメリカに行ける。さあ、どうするダンゴムシ?

西川氏:  (で、アメリカに来たんやんか。 ちゃっちゃと話を進めろよ。もう時間ないねんけど)

おっさん: それはもう、いろんなことを考えた。 このままここを卒業したらええ会社に入れるかもしれん。でも、しょせん俺はダンゴムシ。たとえ東大大学院卒になっても、すぐに丸まってあっちへこっちへと転がって、「おい、何転がってんだ! このダンゴムシ野郎!」と罵倒されるだけや。どうせ転がるならアメリカや。アメリカ人ならきっと「Hey, Man! You’re rolling, man! Cool, man!」といって歓迎してくれるはずや。そうして7月の半ば、俺は決断したんや。行くぜ、アメリカへ! そして東大の人間の教授に告げた。「あのぅ~、俺、アメリカに博士号を取りに転がってきます!」まさに青天の霹靂。人間の教授は何も知らなかったんやから。。。。。

西川氏:  (あかん、眠たくなってきた。。。)  なんで最初からアメリカ進学計画のことを言わなかったんですか?

おっさん: それが難しい話なんや。わしは言いた かったが、いろんな人に「わざわざ言う必要はない」とアドバイスされて、実際アメリカに行けるかどうかもわ からんかったんやから。 当時それは難しかったんやって。っていうか、お前はウルサイねん。 黙って聞いとけや!

西川氏:  はーい。(もう寝よ。グー、グー)

おっさん: 東大の人間の人達は大パニックや。 でもそんな中、いろんな人間の人達が応援してくれて、最後には送別会までしてくれた。これにはダンゴムシのわしも泣いたわ。「ダンゴムシ、アメリカで一生懸命がんばります! いつの日か国際学会で再会致しましょう!」そう言って、丸の内線のホームに コロコロと転がっていった。8月には堺の実家に戻って荷物をまとめ、伊丹空港からデトロイトへ飛んだがな(当時、関空は未完成)。それが 1994年8月29日のことや。 その日から“ダンゴムシ in アメリカ”の日々が始まったんや。全ては伊丹から始まったんや!

西川氏:  グー、グー、グー、グー、、、、

Written by Katate Masatsuka

January 17, 2018 at 6:59 pm

Kick off a new chapter in my life

leave a comment »

Now 46, and I kick off a new chapter in my life. From now on, I’ll be spending more time in the U.S. than in Japan as I left Japan at 23 in 1994. Perhaps I’ll be eating more burgers than sushi from now on, or stay radical and keep working on sushi-burgers.

Written by Katate Masatsuka

September 10, 2017 at 7:11 am

Posted in About Author, General

ついに「ゴリってる会話集」を電子書籍で出版

leave a comment »

2007年から書き始めた「ゴリってる会話集」をついに電子書籍で出版。
いくつかの新作を加え、より厳選された50の「ゴリってる会話」を収録。

内容紹介:
本書は「ゴリってる」という言葉を使って書かれた超短編ストーリー集です。
ガハハと笑えるストーリーから、ちょっぴり感動するストーリーまで、
様々なシチュエーションでの会話を収録。不思議なことに、一見意味不明な
「ゴリってる」という言葉も、それぞれのストーリーの中で自然と頭に入ってきます。
そんな不思議な体験ができる、ユニークで、かつ想像力を掻き立てる一冊です。

日本在住の方はこちらで:
http://www.amazon.co.jp/ゴリってる会話集-方手雅塚-ebook/dp/B0162961OQ

米国在住の方はこちらで:
http://www.amazon.com/gp/product/B0162961OQ

(他国ならその国のamazonで「Goritteru」で検索すれば出ると思います。)

91DbDQO2wzL._SL1500_

【目次】
プロローグ
会話一   一生牢屋でゴリってろ!
会話二   さあ、メスをゴリるんだ
会話三   グングンゴリる、グングンゴリる!
会話四   最高にゴリってるんだ
会話五   どうゴリようと構いません
会話六   110番をゴリったと思います
会話七   ゴリってねーよ
会話八   粛々とゴリる所存であります
会話九   どないやねん!
会話十   両辺に5をゴリるということだ
会話十一  ゴリるぞ、コノヤロー!
会話十二  俺たちは何をゴリってるんだろう
会話十三  お医者様はゴリられますか?
会話十四  私何もゴリれなくて
会話十五  ずっとゴリってきましたから
会話十六  エベゴリラ!
会話十七  ゴリってあげなさい
会話十八  山頂についたらゴリようと決めてたんだ
会話十九  見かけねえ顔だな
会話二十  遺伝子がちゃんとゴリってるのよ
会話二十一 焼きゴリのゴリが二本ですね
会話二十二 結構バッサリゴリってみますか?
会話二十三 ゴリるのは隊長である俺の任務だ!
会話二十四 日本の教育がゴリってるんだよ
会話二十五 力の限りゴリってこい
会話二十六 ゴリった時はお互い様ですから
会話二十七 なかなか骨がゴリってるな
会話二十八 ちょっと同窓会にゴリるのよ
会話二十九 ゴリるグルメのコーナーです
会話三十  タカシマヤ、ゴリってますか?
会話三十一 この日のためにゴリってきた
会話三十二 俺はお前の父親だ
会話三十三 早く金ゴリってこい!
会話三十四 ゴリってる俺に乾杯!
会話三十五 ゴリったマネしやがって!
会話三十六 僕絶対ゴリるから!
会話三十七 とてもゴリってらっしゃいますよ
会話三十八 あそこにゴリってるのは何でしょう?
会話三十九 これからは僕がゴリっていくから
会話四十  ゴリるなんてみっともないわ
会話四十一 ちょっとゴリってきていいですか?
会話四十二 ゴリって苦しんでるのが見えるわ
会話四十三 ゴリるのが夢だったのに
会話四十四 奴だけは俺がゴリってやる
会話四十五 教授はさぞかしゴリってたんでしょうね
会話四十六 こんなゴリる人生はごめんだ
会話四十七 すっげーゴリってるよ
会話四十八 ゴリったらいくら?
会話四十九  ゴリってるなんて、もう言わないで欲しいの
会話五十  ごめん、ちょっとここで
エピローグ

Written by Katate Masatsuka

October 8, 2015 at 5:04 am

ヨンジュヨン星人の時代がやってきた。

leave a comment »

私はついに44才になったようだが、気持ちは渡米当時の22才のままだ。
先が見えないのは不安といえば不安だが、それがいいのかもしれない。
テカテカのポリエステルシャツに身を包み、今を力の限り生きたいと思う。

10285258_10207057680056709_6307254806460108962_o

Written by Katate Masatsuka

September 12, 2015 at 8:59 pm

Posted in About Author

ポリエステルシャツ

leave a comment »

私はビンテージ物のポリエステルシャツが大好きだ。
古着ゆえ、サイズを選べない。
フィットしなければ、それで終わりだ。
それだけに、気に入ったシャツがフィットしたときの感動は
言葉にできないほどだ。

もちろん、仕事も学会発表もプライベートもポリエステル。
多くの場合、ズボンもポリエステルだ。
もはや、ポリエステルは私の体の一部と化している。

私はそのコレクションの多くをHPで公開している。
興味のある人、あるいは笑いを求めている人は、
以下のHPで笑いながら鑑賞して頂ければ幸いである。

第1回ポリエステル党、結党大会 | 第2回ポリエステルシャツ選手権 | 第1回ポリエステルシャツ選手権

event_ossan_polympic03_13_large

Written by Katate Masatsuka

August 26, 2014 at 9:00 pm

Posted in About Author

そういう時こそ、その先がうまくいく

leave a comment »

ダメだと思ってたら実はダメではなかったという時よりも、
これでダメなはずがないだろと思ってたらやはりダメじゃなかった
という時こそ、その先がうまくいくと私は思っている。

高校入試の時、私は合格は無理だと言われた高校を強引に受験した。
試験が終わり、落ちたと思っていたら、なぜか合格し、
そのことに多少のショックのようなものを感じたのを覚えている。
その後の高校時代は、成績も全くの底辺で、特に明るいものにはならなかった。

その他にも似たような経験がいくつかある。
なぜその先がうまくいかないのか。
考えてみれば、何らかの答えは見つかるだろう。
しかし、その答えはいらない。
なぜなら、2007年、今の職場に来たときのように、
「これでダメなはずがないだろと思ってたらやはりダメじゃなかったという時こそ、
その先がうまくいく」とわかっているからだ。
それで十分だ。

いつでも「これでダメなはずがないだろ」と思えるよう、
私はやれることをこれでもかというほどやるつもりだ。

 

Written by Katate Masatsuka

December 6, 2012 at 9:42 pm

Posted in About Author, General

%d bloggers like this: