Katate Masatsuka (方手雅塚)

Katate Masatsuka speaks.

Archive for December 2016

オリジナルなアイデアを追求すること

leave a comment »

数値流体力学の研究を目指し、ミシガン大学大学院へ留学した私は、
そこで数値流体力学で著名な2人の教授から多くのことを学ぶことができた。
それは非常に幸運なことだった。しかし、一方で、いくら論文を出しても彼らの
業績と見なされてしまう。事実、学会等で私に声をかけてくる人は、
教授らの動向に興味を持っており、「◯◯教授は、現在何に取り組んでいるのか?」
などと聞かれることが多かった。

それは当然のことだった。それらの研究の核は、教授らのオリジナルなアイデアである。
研究を進める上で必要となったいくつかのアイデアは、私が思いついたが、
およそ斬新だとか、大きな広がりを見せるようなものではなかった。
そもそも、自分自身のアイデアがあるなら、自ら研究費を獲得できるはずである。

私は自分のものを作りたいと強く思っていた。
渡米の際に小黒教授から頂いたメッセージにもあったように。

「Ph.D.に入ってからは、自分の発想を一番大事にして、
 納得いくまで知ろうと努力すること、
 又、常に自分のものを作ろうとする心掛けが重要だと思います。
 米国で学ぶ最大の利点はそこにあると思います。」

 

21384_10201343930376538_1413226444_n

小黒晴夫教授からの手紙(1995年)

Written by Katate Masatsuka

December 17, 2016 at 5:46 pm

Posted in General

%d bloggers like this: