Katate Masatsuka (方手雅塚)

Katate Masatsuka speaks.

Archive for October 2013

おっさんインタビュー「クーガッツが俺のプレミアムバーガーを盗んだんだ!」

leave a comment »

平成25年10月23日のおっさんインタビュー
西川氏: 最近どうですか?

おっさん: まあ、ぼちぼちやな。

西川氏: 10月も終わりですね。

おっさん: ジューガッツもワリィって何や? ジューガッツって誰や? 外人か。ジューガッツとクーガッツがケンカでもしたのか。「おい、クーガッツ! 俺のバーガーを盗んだのはお前だろ! 」「バーガーを盗んだって? 冗談じゃない。お前のバーガーを盗むのは、よほど頭のイカレた奴か、食いしん坊のアルマジロぐらいなもんさ。はっはっは!」「とぼけやがって。保安官のロバートに言いつけてやるからな!」とか言うて、保安官のロバートがやってきて、

西川氏: (クーガッツって、9月のことか?)

おっさん: 「おいおい、一体どうしたんだ?」「ロバート! クーガッツが俺のプレミアムバーガーを盗んだんだ!」「盗んでねーって言ってるだろーが!」「わかった、わかった。おい、ジューガッツ。そのバーガーはどこにあったんだ?」「このテーブルの上だ。俺がピクルスを取りに行ってる間にクーガッツの奴が盗んだのさ。こいつはいつも俺のプレミアムバーガーを眺めては欲しそうな顔をしていた。こいつはこのチャンスを狙っていたんだ!」「何を言ってるんだ、まったく嫌になるぜ。盗むならバーガーじゃなくて、ユニクロのパーカーを盗んだ方がマシだぜ。はっはっは!」「何だと! 」

西川氏: (これ、どうしたらええねん。一人芝居に入ってしもてるがな。。)

おっさん: 「二人とも、シャラップ! まあ、バーガーが消えたのは事実だ。問題はバーガーがどこに消えたのかということだ」と、そこへ憧れのクリスティーナが通りかかるわけや。「何だかにぎやかね。あら、クーガッツ、さっきのプレミアムバーガーとっても美味しかったわ。じゃあ、今夜バーで待ってるから」「おいおい、どういうことだ、クーガッツ」「いや、それはその。。。」「やっぱりお前が盗んだんじゃねーか! しかも、俺のプレミアムバーガーを利用してクリスティーナとデートの約束なんて、許せねーぜ!」

西川氏: (何の話やねん?)

おっさん: そうして、クーガッツは保安官のロバートに連行されていく。その時、ロバートがジューガッツに一言。「しかしなあ、クーガッツが狙ってることを知っていながらバーガーから目を離したジューガッツも悪い!」えっ、ジューガッツもワリィ? なるほど、お前はそういうことが言いたかったのか! 突然そんなこと言われても意味わからんわ、お前はアホか!

西川氏: (お、話が戻った。) いや、そんな話は想像もしてなかったですけども。

おっさん: もうええわ! お前のアホ話に付き合ってるヒマなんかないねん!

西川氏: (あんたのアホ話やがな) そうですか、それは残念です。それでは今日はこの辺で。

おっさん: おう、次はもっと真面目にインタビューしろよ! ほんまにアホ過ぎて相手するのが大変やで。あいつがアホ過ぎると、わしが賢いのが際立ってしもて嫌になるわ。はっはっはっは!

Advertisements

Written by Katate Masatsuka

October 26, 2013 at 10:44 pm

Posted in Interview

藤田信雄:アメリカ本土を爆撃したただ一人の男。

leave a comment »

藤田信雄:アメリカ本土を爆撃したただ一人の男。

「ミッドウェー海戦敗退。起死回生をねらって米国本土爆撃が計画された。
 1942年9月9日、米西海岸沖から飛び立った藤田は、オレゴン州ブルッキングス市上空で
 520個の小型焼夷弾が詰められた76キロ爆弾2個を投下、付近の森を火に包んだ。
 死者6名。米国本土が爆撃されたのは、歴史上初めてのことだった。

 戦後、1962年、彼は爆撃地のブルッキングス市から招待状を受ける。
 切腹を覚悟し、彼は伝家の日本刀を持参してブルッキングス市を訪れた。
 が、待っていたのは市民からの歓迎と賞賛だった。
 その予期せぬ歓迎に感銘を受けた藤田は、持参した日本刀を市に寄贈。
 以来、ブルッキングス市との友好的な交流が始まる。
 後に、藤田信雄は名誉市民の称号を与えられ、爆撃地には標識が建てられた。
 1997年、藤田は亡くなり、その遺灰は爆撃地に埋められた。」

参考HP
http://en.wikipedia.org/wiki/Nobuo_Fujita
http://www.kilroywashere.org/006-Pages/06-BombOregon.html

Written by Katate Masatsuka

October 26, 2013 at 6:10 pm

Posted in Uncategorized

インタビュー「これは他の数値流体力学の本には載っていない内容が満載や」

leave a comment »

平成25年10月3日のおっさんインタビュー
西川氏: 最近どうですか?

おっさん: まあ、ぼちぼちやな。

西川氏: ついに出ましたね。「 I do like CFD, VOL.1, Second Edition」 この改訂版では、PDFが広告版ということで無料でダウンロードできるそうですね。

おっさん: これはゴツイことやで。今回はわしの方からクレイドル社に提案させてもうたんやけども、これがまた二つ返事の「おっさん、それ面白いがな!」で、スルリスルリと話が進んだがな。

西川氏: そうだったんですか。専門書に広告を入れて無料で配布するという形は私は見た事がないですけど、確かにそれは面白い試みですね。本の内容さえ良ければ大きく拡がりそうですね。

おっさん: 本の内容は良いに決まっとるやろ! これは他の数値流体力学の本には載っていない内容が満載や。それだけでも有用であるし、その例の無い内容がこれまた有用な情報なんや。だいたいからして、数値流体力学の研究、そして実用コードの開発に従事するわし自身が重宝しとる本や。しかも、この書き方が他の専門書では有り得ないんや。タイトルにあるように、「好き」というのがテーマや。わしの好きなトピックを、わしがなぜそれが好きかという観点で書かれてるんや。なぜそれが好きかという説明を読んで、「なるほど、だから好きなんだな」と納得することで重要な専門的知識を身につけるというわけや。なんとまあ素晴らしいコンセプトやで! こんな専門書が他にあるか? 否、無いに決まっとるわ!

西川氏: (決めつけるなよ) そうですか。それは素晴らしいですね。

おっさん: 素晴らしいというより、これはゴツイことや。有用な情報にいつでもどこからでもアクセスできるという点がゴツイがな。広告が入ってると言っても、各章末に一つずつで、かなり控えめやから、気分的には印刷版のPDFをそのまま読めるのに等しい。何ともゴツイことや。まだリリースしてから一週間やけども、早くも世界67カ国から1300ダウンロードを記録しとるわ。しかも、続々と届く読者の声も絶賛の嵐で、まだまだダウンロードが増加中や。広告としても、日本が誇る数値流体力学の会社が世界の隅から隅までその名を轟かせることになって、もうこれは大成功になるに違いない。5年もあれば、百万ダウンロードぐらいは行くやろう。

西川氏: (百万はないやろ) そうですね。ところで、この本は第一巻のようですが、第二巻はいつリリースされるんでしょうか?

おっさん: 知らんわ! 著者は方手雅塚やぞ。時間のあるときに書くだけや。いつになるかは未定や。しかし、必ず書き上げてみせるよってに、首をニョロニョロさせて待っとれ! これまたビックリする本にしてやるからな。

西川氏: (何がニョロニョロや) そうですか、楽しみにしてます。それでは今日はこの辺で。

おっさん: おっす! いやあ、これはゴツイで。ほんま、ゴツイことやで。

Written by Katate Masatsuka

October 8, 2013 at 8:01 am

Posted in Interview

%d bloggers like this: