Katate Masatsuka (方手雅塚)

Katate Masatsuka speaks.

Archive for February 2013

私はあなたの物語が知りたい

leave a comment »

たとえば、唐突に「家庭教師をやってもらえますか?」と言われたり、
全然知らない人に突然「お友達になってください」などとと言われたことはないか?
あるだろ。私もある。ほとんどの場合、簡単に「はい喜んで」とはならないが、
稀にそうなるときもある。それは恐らく、多くの場合、そこに物語があるかないかで決まる。
どういう経緯でそういうことになったのか、なぜ自分でなければならないのか、
そこへ至った物語を知って初めて、それにどう応えるかを考えることができる。

誰の人生のどんな場面にも何かしらの物語がある。
なぜあなたは今そこでそうしているのか。
なぜあなたは私と関わろうとするのか。
私はあなたの物語が知りたい。

Written by Katate Masatsuka

February 23, 2013 at 7:10 pm

Posted in General

おっさんインタビュー「お前も日本人なら、もっと日本の暖かい冬に誇りを持て! 」

leave a comment »

平成25年2月23日のおっさんインタビュー
西川氏: 最近どうですか?

おっさん: まあ、ぼちぼちやな。

西川氏: 日本へ行くそうですね。

おっさん: まあ、仕事的にな。冬の日本は何年ぶりかわからんぐらい久しぶりやな。 日本の冬がどれほど寒いのか、それもよくわからなくなっとるわ。まあ、日本やさかい、そんなに寒くはないやろ。

西川氏: いやいや、日本の冬は寒いでしょ。

おっさん: お前は相変わらずアホやなあ。日本という響きからもわかるやろ。 二本ってことはアツカン二本でOK程度の寒さということやし、ニッポンと言えばスッポンポンみたいなもんで、 「あっ、スッポンポンでも大丈夫なんだ?」ぐらいの寒さってことやないかい。 英語で言うても、日本はジャパンやろ。それはまるでプールにジャッパーンと飛び込むみたいな感じで、 それはもうどう考えても夏ってことや。それぐらい日本の冬は夏みたいに暖かいということや。お前はほんまにアホやなあ。

西川氏: (あんたがアホや) まあ、そういう冗談も面白いかもしれませんが。

おっさん: 冗談? 人が真面目に教えてやってるのに、何じゃ、その態度は! 日本の冬が暖かいのは、冬でも半袖と半ズボンで学校へ通う小学生の姿からしても明らかな事実やないかい。 ジャパンなめんなよ! お前も日本人なら、もっと日本の暖かい冬、暖かい心に誇りを持て! 日本人がそんなんやさかい、 いつまでも日本は世界でなめられたままなんや!

西川氏: (本気で言うてたんや) すいませんでした。これからは日本の 暖かい冬に誇りを持っていきたいと思います。では、今日はこの辺で。

おっさん: よっしゃ、それでこそ日本人や。これからも頑張って立派な日本人として 生きていくんやぞ! いやあ、今日もまた良い事をしてしまったぜ。はっはっはっは!

Written by Katate Masatsuka

February 23, 2013 at 6:40 pm

Posted in Interview

敗北以上、成功未満の人生

leave a comment »

私を成功者として見ているとしたら、それは違う。
現在の職場へ来たのは、難関を突破したからでもなければ、
偉大な発見をしたからでもない。たまたまに過ぎない。

成功者になりたいのかといえば、私はそういう類いのものにはならない。
とはいえ、私は決して敗北者にもならない。
「この先、いつ失業するかもしれないんだろ?」
もちろんそうさ。
だが、私は敗北者と後ろ指をさされるような敗北はしない。
たとえ崖から落ちることになっても、私はそこに凄まじい爪痕を残すだろう。

私は成功するかどうかわからないことに全てを賭けている瞬間が途轍もなく好きだ。
死ぬまでその瞬間を駆け抜けることができるなら、それほど幸せな人生はない。
敗北以上、成功未満の人生、それが理想だ。

 

Written by Katate Masatsuka

February 13, 2013 at 7:00 am

Posted in General

おっさんインタビュー「ハゲが足りないって何や?」

leave a comment »

平成25年2月13日のおっさんインタビュー
西川氏: 最近どうですか?

おっさん: まあ、ぼちぼちやな。

西川氏: 明日14日はバレンタインデーですね。

おっさん: はあ? バケンタリンデーって何や? 友達のおっさんに馬券を買ってきてもらおうと思って「馬券買ってきてくれんか?」「ええよ」、「ほれ、買ってきたで」「おい2枚しかないがな、馬券足りんでー!」、 「あっ、今日は2月14日のバケンタリンデーか!」「そうやがな、金ネコババしたとでも思ったんかいな。かなんなもー」 「はっはっは!」とでもなるというのか? お前、アホやろ?

西川氏: (このおっさん、耳以上に頭がおかしい) 馬券じゃなくて、バレンタインデー。 愛の告白みたいな感じで女性が男性にチョコレートを贈るやつですよ。

おっさん: ハゲタリンデー? ハゲが足りないって何や? 可愛い 女の子が「私の手作りチョコ、もらってください!」とチョコを出して、イケメンボーイが 「悪いね、僕はもう十分ハゲてるんだ」と断ると、 「ダメなの。もっとハゲて欲しいの!」「ああ、そういえば今日はハゲタリンデーだったね」 「そうよ、十分ハゲてるからなんて、ヒドイわ」「メンゴ、メンゴ。はっはっは!」みたいな感じになるのか? お前、ほんまにアホやろ?

西川氏: (アホはあんたや) 全くアホではないです。説明するまでもないでしょ。 日本ではおなじみのイベントじゃないですか。

おっさん: 日本でおなじみのアレイタイデー? アレが痛いのか? 病院行って、 「あのう、アレが痛いんですけど」「大丈夫ですよ、今日は2月14日ですから」「あっ、そうかー! すっかり忘れてましたよ。なるほど、 アレが痛くなるわけだ」「今日はそういう方が多くてね、あなたで20人目ですよ」「すいませんでした」「いいですよ。とりあえずチョコレート出しときますね。お大事に」「ありがとうございます」みたいなことが日本でおなじみだと言うのか? っていうか、そんなお前が病院へ行ってこい。

西川氏: (もういやや) はい、それでは病院へ行って参ります。それでは今日はこの辺で。

おっさん: おう! 落ち込むなよー、病は気からやぞー! いやあ、日本ではとんでもないものがおなじみに なっとるんやなあ。えっ、ということは明日、わしは可愛い女の子にハゲ足りないからとチョコをもらって、 馬券が足りないと騒いでたらアレが痛くなって病院に行ってお医者さんからチョコをもらうのか?? いや、わしはアメリカにおるから大丈夫や。あー、良かったー! アメリカ、バンザーイ! はっはっはっは!

Written by Katate Masatsuka

February 13, 2013 at 5:42 am

Posted in Interview

おっさんインタビュー「去年のワシは今のワシとは比べ物にならないくらいブサイクや」

leave a comment »

平成25年2月3日のおっさんインタビュー
西川氏: 最近どうですか?

おっさん: まあ、ぼちぼちやな。

西川氏: なんだかまた忙しそうですね。

おっさん: わしは今、わし自身に挑戦してるんや。

西川氏: どういうことですか?

おっさん: 去年に考えついた手法を使えばできることを、より簡単にできるような新しい手法を 編み出そうとしてるんや。そういうわけで、忙しいさかいにもう帰ってくれ。さあ、帰れ、帰れ!

西川氏: (研究の話か。しかしまあ失礼な奴や) 出来る方法があるなら、それでやればいいじゃないですか。しかも、それは自分が提案した方法でしょ。それでいいじゃないですか。

おっさん: じゃかましい! 最初に言うたやろ、わしは今わし自身に挑戦しとるんや。 去年のワシと今年のワシは違うねん! それはもう完全なる別人や。写真を見ても、去年のワシは今のワシとは比べ物にならないくらい ブサイクや。あんなブサイクが提案した方法なんかクソじゃ! 確かに出来ることはできるけども、 いろいろ邪魔くさいんじゃ! 今年のワシなら、そんな方法よりもっと簡単でお手軽な方法を編み出せるはずや! 今年のワシをなめんなよ!

西川氏: (アホ過ぎて訳わからんわ) そうですか。それはぜひ頑張ってください。

おっさん: お前に言われんでも、もう頑張っとるわい! っていうか、お前、よく見たら去年よりも かなりブサイクやな。なるほど、お前の場合は年を重ねてよりブサイクな別人になるパターンか。それはかわいそうに、わしと全く逆やがな! はっはっはっは!

西川氏: (子供みたいやな。逆にカワイく見えるわ) えー、そうなんですかー。 いいなあ、年々カッコよくなるなんて。おっさんがうらやましいなあ。ということで、ま、今日はこの辺で。

おっさん: おっす! 年々ブサイクになるからといって落ち込むなよ! かといって、10年後のブサイク顔を想像して笑い死にするなよ! いやあ、わしってカッコええなあ。はっはっはっは!

Written by Katate Masatsuka

February 1, 2013 at 7:02 pm

Posted in Interview

%d bloggers like this: