Katate Masatsuka (方手雅塚)

Katate Masatsuka speaks.

日本語ツイート抜粋 2012

leave a comment »

2012年12月07日(金)
絶対にダメだと思ってたら実はダメでなかったという時よりも、
これでダメなはずがないだろと思ってたらやはりダメじゃなかったという時こそ、
その先がうまくいくと私は思っている。

2012年12月01日(土)
10年前に執筆した、いにしえの天津飯のレシピ論文
ものすごく簡単でウマい”を重点に5本ほど執筆した中の一つ。
いにしえの天津飯のポイントは、お母ちゃんが怒るぐらい油を入れることだ。
あなたがお母ちゃんなら怒ってあげて欲しい。

2012年12月01日(土)
来週火曜日はセミナーだ。さらにその2週間後にもう一つ。トークが迫ると燃えてくる。
トークの為に研究をしていると言ってもいい。私の生き甲斐だ。

2012年11月08日(木)
あなたの周りに壁となる人物がいるか? 親、上司、先輩、あるいは後輩でもいい。
どうしても超えられない、時に叩きのめされるような、壁となる人物がいるならば、
それはとっても良いことだ。負けるなよ。

2012年10月20日(土)
自分らしさというものがあるか。私はある。何かで悩むとき、
最後には自分らしい決断というものに行き着く。
自分で自分の人生を残念に思いたくはない。

2012年10月12日(金)
なぜこんなバカバカしいものを書いているのかと問われたら、
書けるからとしか答えようが無い。
書けるのに書かないのは、私の哲学に反する。

2012年10月06日(土)
揺れたところで、答えはいつも決まっている。ってことが多いだろ。
私もそうだ。

2012年09月13日(木)
「あなたはよく頑張っている」などと言われたことがあるか。
あるならば、それは素晴らしいことだ。
しかし、本当に頑張っているかどうかは自分自身がよく知っている。
実はそれほど頑張ってないと思うのであれば、もっと頑張れ。

2012年08月31日(金)
数学的証明と説明は異なる。前者だけでは「なぜなのか」という疑問が残り、
後者だけなら「本当にそうなのか」という不安が残る。
理解という現象はその両方がそろったときに起こる。

2012年06月15日(金)
乗り遅れるのが怖いか? 落ちぶれるのが怖いか?
そこから這い上がる人生はドラマティックであり、青春だ。
乗り遅れた人、落ちぶれた人は今大きなチャンスを掴んだのだと、私は本気で思っている。

2012年06月13日(水)
人があまりに真剣な顔で途轍もない夢を語っていると、思わず笑ってしまいそうにならないか?
遠慮はいらない。そんな時は素直に笑おう。笑われて、くじけそうになってくじけずに、
逆に大きく奮起して、いつかその途轍もない夢を実現することだろう。

2012年05月10日(木)
自分の人生は平凡で退屈なのか。自分は不幸で恵まれない環境にいるのか。
大した能力や知識もなく、何もできやしないのか。夢破れ、挫折し、何の希望も持てないのか。
ドラマティックな人生は、大抵そういうところから始まる。

2012年05月02日(水)
青春に中途半端はない。我々はそれをガウス記号から学んでいる:
「つまり、ガウス記号はm+1に達していないものは全てmにしてしまうのである。
まさに、友達以上恋人未満は友達であり、勝てなければ負けであり、
チャックが開いていればパンツ丸見えである」ー青春の高校数学第3巻より。

2012年04月23日(月)
夢を持つなら大きく具体的な方がいい。「サッカー選手になりたい」ではなく
「ワールドカップで優勝したい」。プロになることは通過点の一つであり、
より高いところを目指して不断の努力は続く。

2012年04月15日(日)
物事には複数の見方がある。そのうちの一つを選ばなければならないとき、
あるいはそれらの優劣を決定しなければならないとき、
その判断基準となる物差しを持っているか。
それは果たしていかなるものか。
人生のあらゆる場面でそれが試されている気がするよ。

2012年04月06日(金)
追う側と追われる側、あるいは仕掛ける側と仕掛けられる側。あなたは今どちら側にいるか。

2012年03月19日(月)
「忙しくて本当にやりたいことが出来ない」ー そんなことがあってはならない。

2012年03月10日(土)
アイデアを生むにはある程度の知識が必要だが、アイデアが先にあり、
必要にせまられ知識を得ていくという場合もある。
今の私は後者ばかりで、知識の乏しさを痛感するが、
それでも構わないとも思っている。

2012年03月02日(金)
新しい仕事がスタートした。これも夏までの期間限定プロジェクトだが、
すでに面白いアイデアを用意している。これは本当に面白い。
綱渡り人生はアイデアに富み、本当に刺激的なものだ。

2012年02月25日(土)
理解したいと思うなら、謙虚さが必要だ。
理解できないことに腹を立てたりしていれば、いろんな意味で、理解に到達するのは難しい。

2012年01月31日(火)
研究プロポーザルは政治家のマニフェストのようなものか。
研究の場合、研究内容は言うまでもなく、
その人物にそれが成し遂げられるのかという力量も重要な点の一つとして、専門家によって評価される。

2012年01月23日(月)
人間関係が大事なことはわかっている。組織同士の関係も、その核は個人個人の繋がりにあることが多い。
ただ、その個人個人の関係は、独自のアイデアを持った上で築かなければ、“代わりはいくらでもいる”ということになる。

2012年01月13日(金)
昔の話。「一体どこに知的貢献があるのだ?」と聴衆に貶された奴も博士号を取った。
「こんないい加減な博士論文は見た事が無い」と教授に博士論文を投げ捨てられた奴も博士号を取得した。
ただ博士号を取るだけではダメだ、と思った。

2012年01月04日(水)
今年はビックリ箱だ。何が起こるかわからない。だが、人事尽くして天命を待つ、というのはしっくりこない。
人事を尽くして天命を待っている状態が想像できない。待つ時間があるなら、さらに人事を尽くすことだろう。

Written by Katate Masatsuka

December 27, 2012 at 7:58 am

Posted in Selected Tweets

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out / Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out / Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out / Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out / Change )

Connecting to %s

%d bloggers like this: