Katate Masatsuka (方手雅塚)

Katate Masatsuka speaks.

そういう時こそ、その先がうまくいく

leave a comment »

ダメだと思ってたら実はダメではなかったという時よりも、
これでダメなはずがないだろと思ってたらやはりダメじゃなかった
という時こそ、その先がうまくいくと私は思っている。

高校入試の時、私は合格は無理だと言われた高校を強引に受験した。
試験が終わり、落ちたと思っていたら、なぜか合格し、
そのことに多少のショックのようなものを感じたのを覚えている。
その後の高校時代は、成績も全くの底辺で、特に明るいものにはならなかった。

その他にも似たような経験がいくつかある。
なぜその先がうまくいかないのか。
考えてみれば、何らかの答えは見つかるだろう。
しかし、その答えはいらない。
なぜなら、2007年、今の職場に来たときのように、
「これでダメなはずがないだろと思ってたらやはりダメじゃなかったという時こそ、
その先がうまくいく」とわかっているからだ。
それで十分だ。

いつでも「これでダメなはずがないだろ」と思えるよう、
私はやれることをこれでもかというほどやるつもりだ。

 

Written by Katate Masatsuka

December 6, 2012 at 9:42 pm

Posted in About Author, General

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out / Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out / Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out / Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out / Change )

Connecting to %s

%d bloggers like this: