Katate Masatsuka (方手雅塚)

Katate Masatsuka speaks.

Archive for July 2012

インタビュー「わしはポリエステルという生き様を見つけてしまったんや 」

leave a comment »

平成24年7月23日のおっさんインタビュー
西川氏: 最近どうですか?

おっさん: まあ、ぼちぼちやな。

西川氏: 古着屋に行ったそうですね。

おっさん: 当たり前やんけ! 2007年のヒットソング追憶のアナーバーにも出てくるように、わしは日本時代からミシガン時代を通じて今に至るまで古着で成り立ってきとんねん。 そのわしが古着屋に行かずして、一体どこへ行くというんや!

西川氏: 古着が好きなのは知っていましたが、

おっさん: アホか! 古着は好きとか嫌いのもんと違うやろ! どんだけシックリきても、サイズが合わなかったら即終了なんや。別のサイズなどないし、来週に入荷されることもない。今そこに存在する服でシックリ&ピッタリとならなければ、もうどうしようもないんや。それはまさに「0か100か」、あるいは「生きるか死ぬか」という、 引き分けの無い人生ルーレット劇場のようなもんや!

西川氏: 確かにそうですが、ポリエステルシャツは最近なかなか見つからないじゃないですか。

おっさん: おだまらっしゃーい! ポリエステルシャツは今も健在じゃ。必ず世界のどこかの古着屋に山のように積まれているはずや。幸いポエステルシャツは耐久性が抜群や。わしのコレクション(第1回ポリエステルシャツ選手権第2回ポリエステルシャツ選手権)も、ほとんどが今も現役で活躍しとるわ。わしの場合、プライベートはもちろん、フォーマルな研究発表のときもポリエステルやし、コンサルティングの打ち合わせのときもポリエステルや。とにかく、それがわしのスタイル、誰もマネできない、マネしようとも思わない独自のスタイルなんや。わしはそれを見つけてしまった。すなわち、ワシの辞書から 流行という言葉は消え去ったということや。巷で何が流行しようと、わしはポリエステル&末広がりを貫くのみ。なぜなら、わしはポリエステルという生き様を見つけてしまったから。ポリエステルという名のさじはもう投げられてしまったんや!

西川氏: (相変わらずアホだな) それはぜひ頑張ってください。では、今日はこの辺で。

おっさん: おっす! ポリエステルなめんなよー! 古着屋バンザーイ! でも、もうちょっとポリエステルシャツを仕入れてくれよー! また行くよってに、古着屋の兄ちゃん&姉ちゃん、元気でなー!

おっさんインタビュー(ossanworld.com)より

Written by Katate Masatsuka

July 23, 2012 at 7:59 am

Posted in Interview

人類を救うクッキーセラピー誕生

leave a comment »

巷で話題の〇〇〇セラピーを体験した。
スピリチュアル的な私は即座にインスパイアされ、
そばにあったクッキーの詰め合わせを使ってクッキーセラピーを思いついた。

私が「直感で、好きなクッキーを選んでください」と言うと、
そのセラピーの人は、唯一個別包装されているクッキーを選んだ。
私は次のように診断した。

「あなたは自分の殻に閉じこもり、誰かがそこから出してくれるのを待っています。
自分の考えに固執し、誰かがそれを認めてくれるのを待っているだけです。
クッキーは自分で袋を破る事はできません、誰かに開けてもらうのを待つしかないのです。
しかし、人間ならば自分で袋から出られるはずです。あなた自身がまず殻から飛び出し、
他者を理解しようとする心を持つことができれば、今後の人生は一層素晴らしいものになるでしょう」

その見事(?)な診断に、セラピーの人も周りの人も大爆笑。
私は、今ここに恐るべきセラピーが生まれたと確信した。
それっぽくない物でそれっぽい診断を下し爆笑を生むセラピー。
それは悩める現代人の心を癒し、やがて全世界に広がるだろう。
そして、いつの日か、21世紀の人類を救った救世主セラピー
として歴史にその名を刻むことだろう。

「2012年、クッキーセラピーが誕生」
その語呂合わせは、未来の受験生への課題として残しておこう。

Written by Katate Masatsuka

July 19, 2012 at 9:39 pm

Posted in General

インタビュー「何を2本買えばええんや、おーい!」

leave a comment »

 

平成24年7月13日のおっさんインタビュー
西川氏: 最近どうですか?

おっさん: まあ、ぼちぼちやな。

西川氏: 日本はどうですか?

おっさん: 二本は食べ過ぎやわ。一本にしといてくれ。

西川氏: いや、そうではなくて、国の日本のことを聞いてるんです。

おっさん: 九人の二本って何や? 二本をどうやって9人で分けるんや? そんなもん、絶対に喧嘩になるんけ。お前はほんまにアホやな。9人なら9本にしとけよ。どうせ一本100円やそこらやろ。

西川氏: (こうなったら押し通してやる) いえ、だめです。2本を9人で分けることに意味があるんです。9本を9人で分けるなんて簡単過ぎますよ。2本を9人で分けるというのは難しいんです。2本を9等分するのは困難ですし、また、9人から2人を選ぶことも困難ですし、かといって誰も食べないとすれば非常にもったいない話になります。この究極に困難な状況を、この9人は一体どのようにして解決するのか。それは、人間の愛と勇気に対する試練であり、まさに人類への挑戦なのです。

おっさん: そうだったのか。。。確かに2本を9人で分けるのは難しそうや。なるほど! そうか、そうだったのか!

西川氏: (アホや) というわけで、今日はこの辺で失礼します。

おっさん: おっす! わしも知り合い9人集めてさっそく試してみるで! とりあえず2本買いに行こう。って、何を2本買えばええんや? おーい、教えてくれやー! 何を2本買えばええんや、おーい!

おっさんインタビュー(ossanworld.com)より

Written by Katate Masatsuka

July 14, 2012 at 5:11 am

Posted in Interview

インタビュー「米国さんは独立したんやろ? 独立したってことは、サラリーマンだったってことやんけ」

leave a comment »

平成24年7月3日のおっさんインタビュー
西川氏: 最近どうですか?

おっさん: まあ、ぼちぼちやな。

西川氏: 明日、米国では独立記念日ですね。

おっさん: そうか、それは大したもんや。独立なんて、なかなか出来るもんやないで。 サラリーマンを辞めて独立したところで、成功する保証などどこにも無いんやからな。それでも敢えて、大きなリスクを負って独立するなんて、なかなか出来るもんやない。大したもんや!

西川氏: (何か勘違いしてる?) まあ、そうですね。米国はサラリーマンだったわけではないとは思いますが。。。

おっさん: 米国さんは独立したんやろ? 独立したってことは、サラリーマンだったってことやんけ。そらあ、家族の反対もあったやろうし、会社としても情熱的な人材を失うと同時に商売敵が増えることにもなりかねんのやさかい、最初は大変やったと思うで。それでも、周囲の反対を押し切って独立したってことは、それなりに自信もあったやろうし、何よりもほとばしる情熱があったってことやんけ。そうでなければ、なかなか独立なんて出来るもんやないわ。

西川氏: (米国って、人の名前と思ってる?) まあ、わかりますが、えーっと、米国というのはアメリカという国のことなんですけども。。。

おっさん: なるほど、米国さんはアメリカ人か。 そうか、アメリカには独立する人は多いかもな。まあ、どこの国の人であろうと、独立するというのは大変なことや。何より、自らリスクを負って勝負するという、その意気込みが青春やんけ。失敗しても人を責めることはできない。全部自分の責任や。逆に言えば、だからこそ全身全霊を傾け、己の人生をかけて努力するわけや。そこまでやればきっと成功するやろうし、それはとっても青春やんけ。素晴らしいがな、米国さん。頑張れよー、米国!

西川氏: (もう嫌や、このアホのおっさん) はーい、そうですね。 米国さんには是非とも頑張って欲しいですね。それでは今日はこの辺で。

おっさん: おっす! 頑張れよ、米国さん! おっさんは応援してるぞー! 金は貸せんけども、応援はいくらでもするよってになー! はっはっはっは!

おっさんインタビュー(ossanworld.com)より

Written by Katate Masatsuka

July 3, 2012 at 7:20 pm

Posted in Interview

%d bloggers like this: