Katate Masatsuka (方手雅塚)

Katate Masatsuka speaks.

Archive for April 2012

インタビュー「そんなことでモチベーションを失ってたまるかー!(NIA CFD セミナー)」

leave a comment »

平成24年4月23日のおっさんインタビュー
西川氏: 最近どうですか?

おっさん: まあ、ぼちぼちやな。

西川氏: NIA CFD セミナー(公式Website)が終了したみたいですね。

おっさん: まあな。でも、とりあえず今年度が終了ということで、9月にまた再会するんや。かなり好評やさかい、まだまだ続けるで。

西川氏: 公式Websiteはおっさんが作成したと聞きましたが、そもそもどうやって始まったんですか?

おっさん: 去年の秋に「NIAには数値流体力学関係の研究者が何人かいるけども、みんなラングレーで働いてるから、なかなか会って話す機会がないなあ。。。」という話になって、「それなら定期的に セミナーでもやってお互いもっと知り合おうぜ!」となって始まったんや。だから、本当は内輪だけのセミナーやったんやけども、喜んでwebsiteを作ったりプレゼンテーションファイルを公開したりしたもんやさかい、外部の人々にも知れ渡ってしもて、いろんな人が来るようになってしもたわ。また、websiteがあるから外国からのアクセスも増えて、なんと言うかグローバルなものになってしもたんや。ほんまは内輪でこじんまりとやりたいんやけども、それはまあしゃーないわな。

西川氏: そうでしたか。プレゼンテーションファイルが公開されているというのは珍しいですね。どうせなら、セミナーをオンラインで中継すればいいじゃないですか。

おっさん: それは9月からやるかもしれん。今後多くの人が注目していくことになるやろうし、実際それを望む声もあるんや。ほんまに実現したら、これはなかなか面白いもんになるで。

西川氏: そうですね。ただ、おっさんはNIAの研究者ですが、いつクビになるかもわからない状態なんですよね。あんまり力入れすぎないほうがいいんじゃないですか?

おっさん: やかましい! そんなん関係あるかい! お先真っ暗であろうが、いつ死のうが、わしはいつでも全力投球じゃ! そんなことでモチベーションを失ってたまるかー! ハゲるなー!

Advertisements

Written by Katate Masatsuka

April 25, 2012 at 9:19 am

Posted in Interview

インタビュー「幼稚園に入るまでの5年間は日本語だけで育てるという方針が花開いたわけですね」

leave a comment »

平成24年4月13日のおっさんインタビュー
西川氏: 最近どうですか?

おっさん: まあ、ぼちぼちやな。

西川氏: お子さんたちの日本語の勉強はどうですか?

おっさん: ちゃんと毎週金曜日、日本語で 国算理社の勉強を続けてるで。 漢字テストは毎日やってるし、もう完全に定着してるわ。 嫁ハーンもプリントやテストの作成に全力を注いでるし、まあ、みんな大したもんや。 日本の同級生に比べたら、どこまで内容が定着してるかはなかなか計り知れんが、本もそこそこ読めるし、テレビもたいがい 理解できるし、立派な日本人や。 ま、二人ともアメリカで生まれてるから、アメリカ人でもあるんやけどな。

西川氏: そうですか。 英語の方はどうですか?

おっさん: さすがに二人ともアメリカ現地の幼稚園に入るまでは英語がさっぱりわからんかったけども、長男は最近飛躍的な成長を見せて、学校の成績はほぼオールAやし、サッカークラブでは今やキャプテンや。 これは凄い成長やで。わしも驚いてるわ。 やっぱり、ちまたで言われてるように、学習言語として英語を身につけるには5年はかかるということやな。 次男はまだ幼稚園に入って一年目で英語はまだまだやけども、しかし、バイタリティーがあって、テキトーな英語でもガンガン同級生に迫っていってるわ。 なかなか頼もしい男や。 英語の上達も早いかもしれんな。

西川氏: そうですか。それは良かったですね。幼稚園に入るまでの5年間は日本語だけで育てるという方針が花開いたわけですね。 私も少々不安でしたが、それを聞いてホッとしましたよ。

おっさん: お前にホッとされても、しゃーないわ。 わしは最初から分かってたからな。 必ずここまで来れると。 しかしながら、これで安心できるわけではない。 まだまだ先は長い。 今後も日本語の勉強を継続して、同時に現地校の勉強も頑張って、さらに同時にサッカーも頑張ってもらって、ぜひとも人に尊敬される立派な人間 になってもらおうやないか。

西川氏: そうですね。では今後も頑張ってください。それでは今日はこの辺で。

おっさん: おう! 頑張るでー、って、頑張るのはわしではなく、子供たちやないかい! はっはっはっは!

Written by Katate Masatsuka

April 11, 2012 at 6:04 pm

Posted in Interview

「君のこれからの成功は研究費をどれだけ獲得できるかにかかっている」

leave a comment »

「君のこれからの成功は研究費をどれだけ獲得できるかにかかっている」

 違う。
 たとえ研究費を獲得できなくても、たとえ職を失おうと、その分野の発展に途轍もない
 インパクトを与えるアイデアを生み出すことが出来れば、それが成功だ。
 研究費をいくら獲得しても、歴史にその名を刻むことはできない。

Written by Katate Masatsuka

April 3, 2012 at 9:17 pm

Posted in Research

インタビュー「誰がゲイ過ぎるクールやねん!」

leave a comment »

平成24年4月3日のおっさんインタビュー
西川氏: 最近どうですか?

おっさん: まあ、ぼちぼちやな。

西川氏: 4月1日はエイプリルフールでしたね。

おっさん: 誰がゲイ過ぎるクールやねん! ゲイ過ぎるって何や! ゲイはゲイでも 余りにもゲイ過ぎるというのか! それでクールってどういうことじゃ! 英語でカッショエエとかそういう意味なのか! ってことは、ゲイ過ぎるとカッショエエということなのか! 「あいつゲイなんだけど、ほんとゲイ過ぎてクールだよね」「ほんと、 あそこまでゲイ過ぎる奴は見たことねーよ。すっげークールだよ」って、わけわからんわ、アホ!

西川氏: (耳、いや頭おかしすぎるわ) いえ、そういうことではなくて、 4月1日はみんなで嘘ついて楽しもうという感じのですね、

おっさん: 嘘って、どういうこっちゃねん! ゲイ過ぎるクール は嘘なのか! 「ほんとだよね。あいつゲイ過ぎてクールだよねー」とか言うたら、 「バーカ、嘘だよ。ゲイ過ぎてクールなんてあるわけないだろ!」「ええー、嘘なのー! ほんとだとおもっちゃたよ。 参ったなあー」とか言うのか! お前らはアホなのか!

西川氏: (何やねん、そのアホ過ぎる会話は) いや、だから、

おっさん: だからもオカラもあるかい! そもそも、 お前が言い出したんやないかい! ええ加減なことするな! 男が一度「ゲイ過ぎるクール」と言ったら、 最後までゲイ過ぎるクールを貫け! ゲイを極めて、本当にクールになれ、あほんだら!

西川氏: (もうええわ) はい、わかりました。それでは、これから ゲイ過ぎるまでにゲイになってクールになってきます。今日はこの辺で。

おっさん: おう! 徹底的にやってこい! 世界中のゲイが驚いて「クールだぜ、ベイビー!」「ヒュー、ヒュー!」って言うぐらいまで徹底的にやれ! 何をやるのか、ようわからんけども。はっはっはっは!

Written by Katate Masatsuka

April 2, 2012 at 6:39 pm

Posted in Interview

%d bloggers like this: