Katate Masatsuka (方手雅塚)

Katate Masatsuka speaks.

2月の崖っぷちを克服

leave a comment »

来年2月で研究費が底をつき、給料を払えなくなるので解雇される予定だった。
ポスドクではない。全ての研究者がそのような危険を常に抱えている。
私がいるのはそういうスリリングな研究・教育機関だ。
すでに解雇されて近所のコミュニティーカレッジでバイトしている者もいる。
私自身がそのような危機に陥ったのは、ある(見込みのあった)プロポーザルが
却下された4月のことだった。さあ、どうするか。研究費を獲得する他ない。

私には独自のアイデアがある。
それは2006年頃に思いついたもので、4年前にバージニアに引越してきてからも、
研究費を獲得することができないまま、時間外でコツコツと発展させてきた。
しかしながら、「これが出来ることを証明できたら、論文を読んでやる」だとか、
「斬新過ぎて受け入れられない」だとか。研究費を申請しようとしても入り口で却下、
メールは無視、提出したプロポーザルも1年半後になって「受け取ってない」だとか。

それはアイデアが良くないんじゃないの?
と言いたくなるところだが、それは違う。
逆に、ほぼ黒で埋め尽くされたオセロの台を、
たった一手で全て白にひっくり返すようなアイデアだ。
証明しろ? 証明して差し上げよう。
時間はできた。ついにサポートを得たのだ。
まあ、のんびりと待っててくれ。
思い出したら連絡するよ。

さて、次の崖っぷちは来年の夏だ。

Written by Katate Masatsuka

October 2, 2011 at 10:40 am

Posted in Research

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out / Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out / Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out / Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out / Change )

Connecting to %s

%d bloggers like this: