Katate Masatsuka (方手雅塚)

Katate Masatsuka speaks.

Archive for September 2011

インタビュー「お前、そこまでわしのことを心配してくれてたんか 」

leave a comment »

平成23年9月23日のおっさんインタビュー
西川氏: 最近どうですか?

おっさん: まぁ、ぼちぼちやな。

西川氏: なんだか生き残れそうな感じじゃないですか。

おっさん: まあね! やったね! きゃはははは! とか言うて、 浮かれとんちゃうぞ! まだまだこれから幾度となく修羅場ちゃんが待っとるわ! だからこそ、 今もこうやってあらゆる道を模索しとるんやないかい。 しかしまあ、良かった、良かった。 このままでは 来年2月に冒険の旅を終え、荷物まとめて凱旋帰国せないかんかったとこやんけ。 ほんま樹木希林やったで。

西川氏: (凱旋帰国ではないわな。で、 樹木希林って何? 危機一髪?) でも、それは覚悟してるって言ってましたよね。

おっさん: しとるわ、アホ! うるさい奴やのう。 しかし、 それは決してあきらめるという意味ではなく、そうなっても笑えるほど、最後の最後まであきらめずに 努力を続けるという意味や。 あくまでも前向きのムキムキ野郎ってことや。 ま、ひ弱なお前には わかるはずのない概念やけどもな。 きゃっきゃっきゃっきゃ!

西川氏: そうですか。 いや、でも本当に良かったですよ。。。

おっさん: えっ、お前、泣いてるのか?

西川氏: (泣くわけないやん) いえ、そんな、泣いてなんていませんよ。 うっ、ううっ。。。

おっさん: いや、そうか、お前、そこまでわしのことを心配してくれてたんか。。。 そんなこととは知らずに、いつもお前をアホ呼ばわりして。。。 よっしゃ! わかった! 今日はお前のオゴりで酒でも飲みに行こうやないかい! わし友達おらんし、たまには外で酒でも飲みたいと思ってたんや。 よっしゃ、行こ行こ!

西川氏: (何で俺のおごりやねん)いや、今日はちょっと都合が悪いので、また今度の機会にぜひ。

おっさん: じゃかましい! 行くと決めたら行くんや! さあ、 バージニアの夜の街へと繰り出そうぜ! ほれ、うわあー、すごーい、星がこんなにいっぱい出てるよー、 ってなもんで、はっはっは!

西川氏: (じゃまくさいなあ。。。) はあ。

Written by Katate Masatsuka

September 21, 2011 at 8:05 pm

Posted in Interview

インタビュー「すごい、自由時間が11時間やぞ!」

leave a comment »

平成23年9月3日のおっさんインタビュー
西川氏: 最近どうですか?

おっさん: まぁ、ぼちぼちやな。

西川氏: 40になったとたん忙しくなりましたね。

おっさん: 40とか関係あるかい! いまこそかまし時やんけ! かましてかまして、かまし倒すわ!

西川氏: ということは、今年は歌は作らないんでしょうか?

おっさん: それは頑張るやんけ! 今は時間がないけども、 そのうちやるやんけ! って、ほんまもう無茶苦茶やで。 本当にやれるのか? っていうか、 やらないかんのか? 否、やればできる、やらねばらなぬ、ホチョチョギス!

西川氏: (やらなあかんのかいな?) 今年はもういいじゃないですか。 特に 今年はもっと大事なことがあるみたいですから。

おっさん: アホか! そんなこと言うたら、今もこうしてアホのお前と しゃべってる暇なんかないわ! とにかく、やれることはやる。 もちろん物事には優先順位というのがあるさかいに、 ランクの高いことから片付けていけばええんや。 考えてみろ、一日24時間あって、そのうち仕事は8時間(のはず)や。 となれば、残りは16時間もあるがな。 そのうち5時間寝るとして、それでも11時間も残ってるやんけ。 自由時間が11時間やぞ! おっ、これはスゴイ! 遠足行っても、自由時間なんてせいぜい30分ぐらいのもんやろ。 それに比べたら、とてつもなく長いやんけ! やったー! できる、いろんなことができるはずや! うっわー、わし今どえらい事実を発見してもうたで! えらいこっちゃ!

西川氏: (通勤時間とか食事時間とか全然考えてないやん。アホや。) なるほど、 考えてみたらそうですね。 結構時間ってあるもんなんですね。

おっさん: まあ、わしはそんなこと昔から知ってたけどな。 アホのお前に教えてやろうと 思って、ちょっと大発見的な演技をしてあげたのよ。 はっはっは! ほんま、お前はこんなことも知らんと、よくも 40年も生きてきたもんや。 そのお気楽な生命力には感心するわ。 ふわっはっはっはっは!

西川氏: (誰が見てもアホはあんたやで) そうだったんですか。 それはわざわざありがとうございます。 今日はいい勉強になりました。 それではこの辺で。

おっさん: おっす! いやあ、また今日もいいことをしてしまったぜ。 ほなまあ、 長い長い自由時間を有意義に過ごすとするか。 とりあえずはまあ休憩やな。 だって11時間もあるんだもーん! ひゃーっはっはっは!

Written by Katate Masatsuka

September 12, 2011 at 7:41 pm

Posted in Interview

不惑の年にバンザイ!

leave a comment »

ファン待望の不惑の年に突入。
やるべきことは決まってる。
本業的にも今年は大きな転換期になるだろう。
今後の10年を、30代よりも数段面白いものにしてみせよう。
さあ、カマしてカマして、カマしまくっていこう!
イヤッホーイのバンザーイで、ほな毛〜!

Written by Katate Masatsuka

September 9, 2011 at 4:58 pm

Posted in About Author

子供に理想を与えてあげよう

leave a comment »

子供の育て方は様々。
いろいろあってどれも正解といったような意味ではない。
一人一人の子供の性格に合った方法があるという意味。

モチベーションさえ上げてやれば自分で育つ子供がいる。
「なぜこんなことが出来ないのだ。」
「何度いったらわかるの! 勉強しなさいって言ってるでしょ!」
子供によっては、こういった言葉は逆効果になることもある。

どうする? 理想を与えてあげよう。
たとえば、“人に尊敬される立派な人間”。
「立派な人間はあきらめず全力で努力する。その姿に人は感動するのだよ。」
「立派な人間は、人に言われなくてもやるべきことをやってしまうのだよ。」
一旦、子供が立派な人間になりたいと思ったら、あとは理想に向かって自分で進む。
大人はそのサポートをしてあげればよい。

ちなみに、私は子供達が人に尊敬される立派な人間に近づこうと努力を
続ける限り、大学やら就職やらのことはどうでもいいと思っている。
私は人に尊敬される立派な元ホームレスを見たことがある。

Written by Katate Masatsuka

September 6, 2011 at 10:45 pm

Posted in Education, General

HPで論文を公開せよ

leave a comment »

研究論文を名の通ったジャーナルに掲載するのは良いことだ。
しかし、誰もがそのジャーナルの論文を自由に読めるわけではない。
実際、NASAでもNIAでも閲覧できるジャーナルは限られている。
読みたい、または読まねばならない論文にすぐアクセスできないのは
本当にイライラすることだ。

たくさん論文を出しているのにあまり認識されていないという研究者の嘆きを
聞くことがあるが、そういう人のHPには論文リストはあっても、論文そのものもなければ、
ジャーナルHPへのリンクさえない。本当に知られたいと思うなら、とりあえずまず論文を
公開したらどうかといつも提案している。

私は私が書いた論文は全て自分のHPで公開することにしている。

http://www.hiroakinishikawa.com

ジャーナルに掲載されたものは著作権の問題でそのままでは公開できないが、
ジャーナル仕様でない、いわゆるPreprintであれば公開しても良いという
ジャーナルが多いので、そのPreprintを公開している(中身は同じ)。
今は、さらにプレゼンテーションスライド、ポスター、計算プログラムなども公開している。

先日、研究プロポーザルを提出したいと、ある機関に打診したところ、珍しいことに
翌日すぐに返事が来た。「あなたのHPにある論文やスライドも見させてもらった。
あなたのアイデアに非常に興味がある。さっそく明日電話で話したい。」
そう、私のような無名の研究者にとって、HPは非常に役に立つのである。

Written by Katate Masatsuka

September 5, 2011 at 6:52 pm

Posted in Research

インタビュー「あと一週間でフワクの40代に突入じゃ!」

leave a comment »

 

平成23年9月3日のおっさんインタビュー
西川氏: 最近どうですか?

おっさん: まぁ、ぼちぼちやな。

西川氏: まだ39歳ですね。

おっさん: あた前よ! あと一週間でフワクの40代に突入じゃ!  ワクワクしてくるやんけ!

西川氏: (意味わかってるのかしら?) 不惑って、どういう意味でしたっけ?

おっさん: お前はアホか! 40代はワクワクする世代ってことやんけ。  10代で甘苦い青春を経験し、20代でいろんな知識を身につけ、30代で独自のアイデアを構築し、 そして40代で芸術的に爆発するんやないかい。 それがどんな大爆発を起こし、どこまで広がっていくのか、 想像しただけでワクワクするやんけ。 だからこそ、40代はフワクと言われるんや。 興奮でフワフワのワクワクやんけ!

西川氏: (相変わらずワケわからんわ) そうでしたか。  30代に未練はないですか?

おっさん: 30代に見えんってどういう意味じゃ! ほんま、 人を見た目だけで判断する奴は、これやさかいアカンねん。 30代に見えようが、見えまいが、関係あるかい!  わしは、まだまだお肌ピチピチの32才の時からオッサンやっとるんや! 今さら30代に見えないと言われてもビクとも せんわ! おっさんなめんなよ! よっしゃ、こうなったら頑張って白髪になって、シワだらけになって、 入れ歯になって、超高齢者になるぞ! それでもいいのか! 年金もたっぷりもらって、電車で席をゆずってもらうぞ!  それでもいいのか! 正月になったらお前にお年玉をあげて、手をつないで駄菓子屋に連れて行ってあげてもいいのか!  そんなん嫌やろ! だったら30代に見えないとか、しょーもないことを言うな!

西川氏: (この会話自体がもう嫌やわ) そうですね。 それは嫌ですね。  はい、もう言わないので許してください。

おっさん: よーし、許してやろう! わしは心が広いさかい、 もうこのぐらいで許してやる! どや! 喜んだらどや! 喜べ! ほれ、ほれ! はっはっはっは!

西川氏: (アホくさ) うわあ、嬉しいですぅ! それでは 今日はこの辺で!

おっさん: よっしゃ! グッバイ30代!  そしてウエルカム40代! わしの青春人生はここからが本番や! 大爆発してやるから、 覚悟して待ってろよ! はっはっはっは!

Written by Katate Masatsuka

September 2, 2011 at 8:47 pm

Posted in Interview

%d bloggers like this: