Katate Masatsuka (方手雅塚)

Katate Masatsuka speaks.

できる海外子女教育

leave a comment »

海外に住む日本人の子供達の多くが補習校に通う。
週一回(たいてい土曜日)、日本語で国語や数学を学ぶ。

よく言われることは、「週一回では日本の学校と比べて
圧倒的に時間が少ない、よって全てを学ぶことは無理、
とりあえず日本語がある程度話せて、その上で簡単な
読み書き程度ができればOK」。または、「補習校は触れ合いの
場であり、学力を向上させる場ではない」。などなど。

確かに時間は少ないが、日本の塾と比べてみたらどうか。
私はかつて神奈川県の塾でアルバイト講師をしていたが、
まさに週一回程度の授業で、常に学校よりも先へ進んでいた。
だから、週一回でも十分全てを網羅できると思っていた。
そして実際ミシガン時代にそれを実践していた。

学校の方針は様々であり、保護者や生徒自身の考え方も様々だ。
私の場合、上記の経験がある為、出来ることをやらずにはいられない。

Written by Katate Masatsuka

July 21, 2011 at 5:27 am

Posted in Education

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out / Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out / Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out / Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out / Change )

Connecting to %s

%d bloggers like this: