Katate Masatsuka (方手雅塚)

Katate Masatsuka speaks.

45才、情熱の時代はまだ終わらない。

leave a comment »

45才になり、また新たなクレイジーなアイデアが生まれた。今後また数値流体力学界で激しい批判や抵抗に遭うことになりそうだ。が、それも面白い。情熱の時代はまだ終わらない。

img_20160905_065932798-2

Written by Katate Masatsuka

September 10, 2016 at 8:28 pm

Posted in General

共同研究とは

leave a comment »

共同研究、あるいはコラボレーションと呼んでもいい。
それは単に力を合わせて研究することではない。

双方が独自のアイデアとそのノウハウを持っており、
それらを組み合わせることで新しく価値あるものを創造できる
可能性があり、双方がその可能性に共感できるとき、
共同研究が成立するのだと、私は考えている。

一方がアイデアとノウハウを持っていて他方を指導するのは
教授と学生のような関係であり、それは共同研究ではない。
私はそう思っている。

Written by Katate Masatsuka

July 13, 2016 at 4:34 am

Posted in General, Research

ついに「ゴリってる会話集」を電子書籍で出版

leave a comment »

2007年から書き始めた「ゴリってる会話集」をついに電子書籍で出版。
いくつかの新作を加え、より厳選された50の「ゴリってる会話」を収録。

内容紹介:
本書は「ゴリってる」という言葉を使って書かれた超短編ストーリー集です。
ガハハと笑えるストーリーから、ちょっぴり感動するストーリーまで、
様々なシチュエーションでの会話を収録。不思議なことに、一見意味不明な
「ゴリってる」という言葉も、それぞれのストーリーの中で自然と頭に入ってきます。
そんな不思議な体験ができる、ユニークで、かつ想像力を掻き立てる一冊です。

日本在住の方はこちらで:
http://www.amazon.co.jp/ゴリってる会話集-方手雅塚-ebook/dp/B0162961OQ

米国在住の方はこちらで:
http://www.amazon.com/gp/product/B0162961OQ

(他国ならその国のamazonで「Goritteru」で検索すれば出ると思います。)

91DbDQO2wzL._SL1500_

【目次】
プロローグ
会話一   一生牢屋でゴリってろ!
会話二   さあ、メスをゴリるんだ
会話三   グングンゴリる、グングンゴリる!
会話四   最高にゴリってるんだ
会話五   どうゴリようと構いません
会話六   110番をゴリったと思います
会話七   ゴリってねーよ
会話八   粛々とゴリる所存であります
会話九   どないやねん!
会話十   両辺に5をゴリるということだ
会話十一  ゴリるぞ、コノヤロー!
会話十二  俺たちは何をゴリってるんだろう
会話十三  お医者様はゴリられますか?
会話十四  私何もゴリれなくて
会話十五  ずっとゴリってきましたから
会話十六  エベゴリラ!
会話十七  ゴリってあげなさい
会話十八  山頂についたらゴリようと決めてたんだ
会話十九  見かけねえ顔だな
会話二十  遺伝子がちゃんとゴリってるのよ
会話二十一 焼きゴリのゴリが二本ですね
会話二十二 結構バッサリゴリってみますか?
会話二十三 ゴリるのは隊長である俺の任務だ!
会話二十四 日本の教育がゴリってるんだよ
会話二十五 力の限りゴリってこい
会話二十六 ゴリった時はお互い様ですから
会話二十七 なかなか骨がゴリってるな
会話二十八 ちょっと同窓会にゴリるのよ
会話二十九 ゴリるグルメのコーナーです
会話三十  タカシマヤ、ゴリってますか?
会話三十一 この日のためにゴリってきた
会話三十二 俺はお前の父親だ
会話三十三 早く金ゴリってこい!
会話三十四 ゴリってる俺に乾杯!
会話三十五 ゴリったマネしやがって!
会話三十六 僕絶対ゴリるから!
会話三十七 とてもゴリってらっしゃいますよ
会話三十八 あそこにゴリってるのは何でしょう?
会話三十九 これからは僕がゴリっていくから
会話四十  ゴリるなんてみっともないわ
会話四十一 ちょっとゴリってきていいですか?
会話四十二 ゴリって苦しんでるのが見えるわ
会話四十三 ゴリるのが夢だったのに
会話四十四 奴だけは俺がゴリってやる
会話四十五 教授はさぞかしゴリってたんでしょうね
会話四十六 こんなゴリる人生はごめんだ
会話四十七 すっげーゴリってるよ
会話四十八 ゴリったらいくら?
会話四十九  ゴリってるなんて、もう言わないで欲しいの
会話五十  ごめん、ちょっとここで
エピローグ

Written by Katate Masatsuka

October 8, 2015 at 5:04 am

ヨンジュヨン星人の時代がやってきた。

leave a comment »

私はついに44才になったようだが、気持ちは渡米当時の22才のままだ。
先が見えないのは不安といえば不安だが、それがいいのかもしれない。
テカテカのポリエステルシャツに身を包み、今を力の限り生きたいと思う。

10285258_10207057680056709_6307254806460108962_o

Written by Katate Masatsuka

September 12, 2015 at 8:59 pm

Posted in About Author

平岡克己教授の思い出

leave a comment »

東海大学航空宇宙学科の故平岡克己教授。
非常に朗らかで、知識が深く幅広く、スマートな印象。
また、思い出せば笑顔しか出てこないほど、よく笑ってくれた先生だった。
米国大学院への推薦状をお願いした時には、二つ返事で引き受けてくださり、
「これで書くんだよ」と、オリベッティーのタイプライターを嬉しそうに
見せてくれたのを今も覚えている。

卒業してからも、私が東京を訪れる際には連絡し、
忙しい中、食事に連れていって下さったのを思い出す。
最近でも、米国の学会で度々お会いすることがあった。
2011年のハワイでの学会では、私の「特攻野郎Aチーム」的な学会発表
に来てくださり、笑ってもらえたのが嬉しかった。

東海大学時代、そんな平岡先生の講義を、私は全て受講した。
それは振動工学、弾性力学、空気力学など多岐にわたる。
それらの講義ノートは今も、NASAラングレー研究所にある
私のオフィスの本棚に並んでいる。

Written by Katate Masatsuka

September 10, 2015 at 8:38 pm

Posted in History

Bounding box fix for Eps file (e.g., those generated by Matlab)

leave a comment »

1. brew update
2. brew install epstool

Then, do the following

% epstool --copy --bbox input.eps temp.eps
% mv temp.eps input.eps

NOTE: The command “epstool --copy --bbox input.eps input.eps” didn’t work (don’t know why).
It has to be written as temp.eps first and then rename it.

FINAL SOLUTION:

Added the following to .bashrc file:

####################################################
##### Custom command to fix the bb for eps files.
eps_fix_bb_function() {
#do things with parameters like $1 such as
epstool –copy –bbox $1 tmp.eps
mv tmp.eps $1
}
alias bbfix=eps_fix_bb_function
####################################################

so that I can now process eps files as
% bbfix filename.eps

Written by Katate Masatsuka

May 5, 2015 at 5:50 am

Posted in Memo

自分らしく生きるとはどういうことか

leave a comment »

それは、自分がこうあるべきだと思うところに従って生きることだと私は思っている。

例えば、拾った財布を持ち主に届けたところ、謝礼を出されたとしよう。
困った時はお互い様、謝礼を頂くようなものではないと思う人は受け取らない。
また、人の好意を拒否するのは失礼と思う人は、恐縮しながらもその謝礼を受け取る。
どちらも自分らしく生きている。
私はそう思う。
自分らしく生きる人は、人生の様々な岐路で、そのように自分らしい選択をする。

「お前は自分らしく生きているのか?」
思い返せば、私はそれなりに自分らしく生きてきたと思う。
そしてこれからも、自分らしく生きていくだろう。
自分の自分らしさを自覚して以来、私はそれを楽しめるようになったと思う。

Written by Katate Masatsuka

April 12, 2015 at 7:36 am

Posted in General

%d bloggers like this: